利便性を高めるコネクテッドカー

「利便性」を高める「コネクテッドカー」
セキュリティ対策まで考慮した、情報ネットワークの構築に貢献

365bet赌场 更有甚者,自导自演“假班”闹剧,妻子儿女齐上阵,“苦肉计”、“无中生有”全用上,让人不胜唏嘘。

自動車の利便性を高める上で、注目を集めているのが「コネクテッドカー」、いわゆる「クルマのつながる化」です。例えば、タイヤの摩耗やオイルの汚れなどの情報が自動車から自動配信され、交換時期を通知してくれたり、膨大な走行情報をビッグデータとして集積し、混雑を予測して迂回路を案内してくれたりと、さまざまな活用法が考えられています。こうした「車のつながる化」は、まだ入り口に到達したばかり。スマートフォンがアップデートされて機能を追加していくように、クルマもバージョンアップしていく時代がやってくるかもしれない。「コネクテッドカー」には無限の可能性が広がっているのです。

「コネクテッドカー」においても、住友電装の技術は大きな役割を果たしています。高速データ通信を支える情報ネットワークに加え、車内外の様々なネットワークの中継基地となるセントラルゲートウェイには、セキュリティ対策を取り入れたものを提供。クルマが安全につながるネットワーク環境を作り出しています。